日常の業務を快適に|pcを復旧したいなら迅速に対応してくれる業者を利用しよう

pcを復旧したいなら迅速に対応してくれる業者を利用しよう

日常の業務を快適に

会社

大容量のデータを送れる

会社の業務によっては、大量のデータを取引先に送付することがあります。しかしメールにデータを添付できる容量は限られており、3Mから10M位が限界です。また、10Mものデータを添付すると取引先にメール受信に時間がかかりすぎる為に思わぬ迷惑をかける場合もあります。そこで、人気なのは大量のデータ送信ができるファイル転送サービスです。ファイル転送サービスを行っている会社は、たくさんあり無料で使用できるものもありますが、容量が小さいので会社で利用する場合は有料のファイル転送サービスが人気です。有料版は、セキュリティでデータを守ることができる上にデータ送信の容量が大きいことが多いです。なので、頻繁に大量のデータ送信を行っても時間をかけることなくスムーズにデータのやり取りを行うことができます。

仕組み

大量のデータを取引先に送ることができるファイル転送サービスの仕組みは、オンラインストレージを活用することで成り立っています。送りたいデータを一旦オンラインストレージにアップし、そのURLを記載したメールを取引先に送付しダウンロードしてもらうだけです。これだけで、大量のデータを問題なく取引先に送ることができます。メールに重いデータが添付されていないので、送れないや受信できないなどの業務に支障をきたすようなトラブルを回避することができます。ただ、メールにデータが保存されている場所のURLを記載するので、送る相手を間違えてしまうと致命的なミスになる場合があります。この点だけに気をつけて使用すれば、データ送信に頭を悩ますことから開放されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加