データが消えた時の対策|pcを復旧したいなら迅速に対応してくれる業者を利用しよう

pcを復旧したいなら迅速に対応してくれる業者を利用しよう

データが消えた時の対策

男性

二重三重のバックアップ

日本は世界でも有数の地震国なので、パソコンを使う場合はデータを必ずバックアップしておきます。地震で建物が壊れるとハードディスクも壊れてしまうので、できればクラウドを利用したバックアップ体制を敷いておくのがおすすめです。ハードディスクに保存する場合も二重三重にバックアップしておく必要があります。基本的にハードディスクは消耗品なので、一定の期間がくれば動かなくなります。それを見越して常に保守点検しておくことが大事です。そのためにはデータ復旧の専門業者に委託しておきます。データ復旧の専門業者は素人ではわからないハードディスクの異変を察知できますので、クラッシュする前に大事なデータを救出することができます。

データ救出は業者に委託

もしハードディスクが故障した場合は、専門業者に依頼すればデータ復旧は可能です。一般の企業なら危機管理の一貫として、データ復旧の専門業者と業務提携をしておくのが常識です。しかし起業したばかりの個人事業の場合は危機管理にかける予算は限られます。その場合はデータ復元ソフトなどを用意しておき、万一の時はソフトを使って自分でデータを復元します。またパソコンの誤操作で重要なデータが消えてしまうことがあります。このような場合は慌てずにファイルを検索してみます。よくある事例はゴミ箱の中に入っているケースです。慌ててリカバリーなどしてしまうと、データは消えてしまうので注意が必要です。データには貴重なものとそれほどでもないものがあります。貴重なデータの場合は専門のデータ復旧業者に依頼するのが最も確実です。

このエントリーをはてなブックマークに追加